のどぐろのおいしい食べ方とは?旬はいつごろ?

のどぐろとは
のどぐろは正式名称はアカムツで、実はスズキ目の魚類です。
口を開けた際に、喉の奥が黒くなっているため別名のどぐろといわれています。
のどぐろの産地は日本海沿岸で、基本的には日本海であればどこでもとれるそうですが、
有名なのは島根県や石川県でしょう。
錦織圭選手が全米オープン準優勝時にのどぐろがたべたいと語ったことから、
一時期はどこものどぐろが枯渇するほどなくなったそうです。
のどぐろの旬は?
のどぐろの旬は一般的に秋から冬までといわれることが多いですが、
実際は諸説あり、年間通しておいしくいただけるともいわれています。
ただ、冬はしけの影響で漁獲量が少なくなるため市場価格が高騰する場合があります。
旬の時期もそうですが、高級魚であるためコスパのいい時期を見定めて購入するべきかもしれません。
のどぐろのおいしい食べ方
のどぐろは他の魚と比べてやはり脂の量が多く、炙りや煮つけなどの料理が好まれます。
ただ、多くは干物として食べられることが多いです。
干物にするとのどぐろの脂が損なわれるのではという声もありますが、
そんなことは一切ありません。
むしろ、干物にすることで新鮮なのどぐろの脂がより濃厚な旨味になります。
新鮮なのどぐろを上質な塩で加工した一夜干しは、まさに肉ともいわれるほどの肉厚でジューシーな味わいです。
高級魚なのであまりスーパーなどにも置いてあることが少ないと思いますので、
専門の方が加工したのどぐろの干物を一回食べてみてはいかがでしょうか。