れんげ米とは

私たちが普段食べているお米には、健康に欠かせないたくさんの栄養成分が含まれています。そんなお米にはたくさんの品種やいろいろな栽培方法があります。数ある中でも、れんげ米についてご存知でしょうか?こ

れんげ米とは

昔から伝わるれんげ農法で栽培されたお米をれんげ米といいます。れんげ農法は、苗を植える前にれんげ畑を作って、空気中の窒素を土壌に固定して、それを有機肥料として利用するものです。れんげが発酵することによって、土を活性化して稲を元気に自然のまま育てることができるのです。れんげが肥料の役割をしてくれることで、化学肥料や農薬を使わずに安心して食べられるお米をつくることができます。

れんげ農法の歴史

昭和30年代中頃までは、日本のいたるところでれんげ農法が行われていました。しかし、第二次世界大戦後には食糧不足が原因で大量のお米が必要になったため、収穫量の増大を図るために化学肥料を使用した栽培が行われるようになり、それからは手間のかかるれんげ農法を見かけることが少なくなりました。
しかし、お米の収穫量は増大したものの、化学肥料を使用したことで稲が病気になってしまい、その対策として危険な農薬を使用したために、天敵である虫や田んぼにいる生物を死滅させて環境を破壊してしまいました。それから昭和が終わる頃になると、子供たちに安全・安心なお米を食べさせたいという想いから再びれんげ農法が始まっています。