インドネシアバニラとは。品質が悪いは時代遅れ?

天然バニラは主にマダガスカルかインドネシアのような熱帯地方で栽培されており、栽培が難しく生産量や品質が安定しないといわれています。ただ主要生産国であるマダガスカルの天然バニラは評価が高く、品質が高いと言われ使用する方の割合が多いとされています。
そのため、インドネシアのバニラは品質が悪いと思われがちですがインドネシア全体でみれば実際はそんなことはありません。
生産者単位でみると確かに安定しない農家さんもいらっしゃるかと思いますが、あくまで個人単位の話になるのでコミュニケーションをしっかりとって知れることが大切です。