【のどぐろの旬はいつ?】旬ののどぐろをより楽しめるおいしい食べ方とは?

【今回はのどぐろをより美味しく食べることが出来るよう旬・おすすめの時期についてご紹介してまいります。】
【のどぐろとは】
のどぐろは正式名称はアカムツで、実はスズキ目の魚類です。
口を開けた際に、喉の奥が黒くなっているため別名のどぐろといわれています。
のどぐろの産地は日本海沿岸で、基本的には日本海であればどこでもとれるそうですが、
有名なのは島根県や石川県でしょう。
錦織圭選手が全米オープン準優勝時にのどぐろがたべたいと語ったことから、
一時期はどこものどぐろが枯渇するほどなくなったそうです。
【のどぐろの旬は?】
のどぐろの旬は一般的に秋から冬までといわれることが多いですが、
実際は諸説あり、年間通しておいしくいただけるともいわれています。
ただ、冬はしけの影響で漁獲量が少なくなるため市場価格が高騰する場合があります。

のどぐろは地方によって呼び方の異なる魚で、その旬やおすすめの時期は地域によって異なるといわれております。

その理由は産地によって、餌の種類や育ち方が異なる為とされており、またどんな調理方法で食すかによっても異なります。

まず第一のおすすめ時期は、どの魚にもいわれることの多い産卵期の前です。

のどぐろに限らず、ほとんどの魚が産卵の為に身体に栄養を蓄えようとするので、

普段より多くの餌を食べ、脂の乗りが良いとされています。

のどぐろの産卵期は7月~10月といわれており、産卵期が終わる9月頃までが美味しい旬の時期とされております。

産卵期が終わると、身がやせたり、卵に栄養をとられている為、味が落ちる魚もいるそうですが

のどぐろについては、そこまで変わりがないという方もいらっしゃいます。

島根県では、のどぐろのブランド化が進んでおり、8月から翌年5月にかけて獲れたのどぐろで一定の基準を満たしたものだけ「どんちっちノドグロ」と呼ぶことが出来ます。

山陰沖では8月の夏以降、大きなサイズののどぐろが獲れることから、旬は秋から冬にかけてと言われることが多いそうです。

大きいサイズののどぐろほど、脂乗りがよく、美味しいとされているので島根県産ののどぐろを食べるのであれば秋からがおすすめです。

また、産卵期と同様に、冬を乗り切る為に栄養を蓄えた11月から2月にかけてが旬という見方があり、

特に金沢では、のどぐろは冬に食べるものという考えが定着しているそうです。

脂がのっているという理由だけでなく、のどぐろを保護する為に産卵期である7月~10月を避け、冬に獲るという説もあるそうです。

島根県水産技術センターが報告した研究結果によると、のどぐろの脂乗りは季節によるというよりも個体の大きさによるところが大きいとされています。

大型のものになればなるほど、脂乗りが良いとされており、見た目では脂乗りが判別できないので個体の大きさに頼って目利きするのがおすすめです。

【のどぐろのおいしい食べ方】
のどぐろは他の魚と比べてやはり脂の量が多く、炙りや煮つけなどの料理が好まれます。
 

どの時期でも脂ののった美味しいのどぐろが食べられることが分かりましたが、更に食べ方によって旬を決める方もいらっしゃるそうです。

煮付けは煮付けでも、子持ちを食べたい場合には産卵期。

お鍋で楽しむなら夏より冬。干物や一夜干しであれば一年中。といった見方が出来るので、どんな食べ方でのどぐろを楽しみたいのかによって考えるのがおすすめです。

ただ、多くは干物として食べられることが多いです。
干物にするとのどぐろの脂が損なわれるのではという声もありますが、
そんなことは一切ありません。
むしろ、干物にすることで新鮮なのどぐろの脂がより濃厚な旨味になります。
新鮮なのどぐろを上質な塩で加工した一夜干しは、まさに肉ともいわれるほどの肉厚でジューシーな味わいです。
高級魚なのであまりスーパーなどにも置いてあることが少ないと思いますので、専門の方が加工したのどぐろの干物を一回食べてみてはいかがでしょうか。
田舎オンラインは島根県の特産品を取り扱うオンラインショップです。